NPO法人アスペの会石川・金沢エルデの会

H29年度合同事業 ピア・サポート

 

先輩保護者の話を聞きにきませんか?

 

発達障害[・高機能広汎性発達障害(アスペルガー症候群・高機能自閉症)

・LD(学習障害)]を持つ小、中、高校生、青年の保護者が経験談を話します。

育てにくい子どもと言われていますが、少しばかり子育て年数の長い仲間がいます。

気軽におしゃべりしましょう!!

 第2回 「暴れる子ども」

H30年2月11日(祝・日)13時30分~16時

場所:金沢市ものつくり会館 (金沢市粟崎町4丁目80番地1)

学校で暴れる子、家で暴れる子、どこでも暴れる子、

「暴れる=表現」と見ると、その子への理解の仕方が変わってきます。

「暴れる」の意味と対応を一緒に考えませんか。

 

会費   500円(資料代、お茶代)

対象   保護者(ご家族)のみ

託児   園児、学齢期のお子さんを受け入れます。

    (3歳~小2までを対象とします)ボランティアの学生がお子さんと一緒に遊んでくれます。
   ※「準備の都合上、ご希望される場合は必ず開催日の1週間前 には申し込みをお願いします。」

申し込み先  E-mail   金沢エルデの会      office@elde.kanazawa.tv

29年度ピアサポート チラシ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「その人理解」

 

 

金沢エルデの会は、知的な遅れのないLDADHDなどを

持つ発達障害児、者の支援をする会です。

知的な遅れのない発達障害児・者は、できる事と

できない事のアンバランスがあるなどの特性があり、

学校や社会で不適応を起こすことが多々あります。

一般的な子どもの捉え方では正しく理解されず、

親の躾の悪さ、我がまま、性格の問題と

されている現状もあります。

金沢エルデの会では先ず、

「その人理解」を第一に考え活動しています。

 

 

主な活動

 (子どもたちの活動)

先ず安心できる居場所の提供を目指し、その過程で本人の特性を見極め、本人と確認しながら学習課題を設定します。学習に寄り添いながら将来の就労までを見通して支援を続けます。必要に応じた学習の助言を行いながら伸ばせる能力を探り将来の自立につながるように支援を続けて行きます。

 

ケース検討会 (親たちの活動)

毎回、ひとりの当事者にスポットを当て、保護者と支援者でその人理解を深めます。保護者の話を中心に時には学校や職場からの参加も得て、対象者が見せている姿の意味を探ります。

 

ピアサポート (NPO法人アスペの会石川との合同事業)

会員による子育ての経験談を話題提供し、同じような子どもを持つ保護者が出会う場を設けることで、地域に根差した情報の提供と子育ての不安の軽減を図ります。

また、JOJOの会の協力を得て託児も行っています。

 

発信

セミナーやHPで、活動を通して得た支援についてのアイディアを発信しています。詳細はHPにてご確認下さい。

 

問合せ先

金沢エルデの会の事務局

mailto:office@elde.kanazawa.tv

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク